消費税率10%に増税はいつから?

Yuto
どうもこんにちは!
今回は「消費税率10%に増税はいつから?」というタイトルでお話させせていただきます。

2019年ついに消費税が8%から10%に増税になります。

具体的にいつからなのかご存知でしょうか。

また増税と言っても全ての物が10%になるわけではありません。

減税になる物もあります。

  1. 消費税が10%になるのはいつから?
  2. 消費税はなぜ増税するのか
  3. 消費税増税の歴史
  4. 消費税を増税して政府は何に使うのか
  5. まとめると

消費税が10%になるのはいつから?

消費税率10%に引き上げになるのは「2019年10月1日」からになります。

 

8パーセント ⇒ 10パーセントに引き上げ!2パーセントの増税となります。

 

ただし、すべての物が増税になるわけではありません。

 

軽減税率というシステムが導入されるのはご存知でしょうか?

 

これは生活用品(食品)と新聞が対象で、該当する商品は今まで通りの消費税率は8%なんです!

 

軽減税率については別記事でまとめていますので参考にしてください。

消費税はなぜ増税するのか

増税増税って言われているけど、そもそもなぜ消費税があがるのか。

 

財務省は以下の通り回答しています。

今後、少子高齢化により、現役世代が急なスピードで減っていく一方で、高齢者は増えていきます。社会保険料など、現役世代の負担が既に年々高まりつつある中で、社会保障財源のために所得税や法人税の引上げを行えば、一層現役世代に負担が集中することとなります。特定の者に負担が集中せず、高齢者を含めて国民全体で広く負担する消費税が、高齢化社会における社会保障の財源にふさわしいと考えられます。

また、ここ10年くらいで見ると、所得税や法人税の税収は不景気のときに減少していますが、消費税は毎年10兆円程度(注)の税収が続いており、税収が経済動向に左右されにくく安定した税と言えます。

※財務省から出ている回答を転載しております。

 

所得税、法人税は年々減っていますが、消費税だけ徐々に上がってきていますね。

消費税増税の歴史

前回、消費税率が5%から8%に増税されたのが2014年4月1日です。

 

このとき17年ぶりに税率の引き上げされ、国民の年間負担額8兆円増となったわけです。

 

この時、政府は社会保障に全額使うと約束したはずだったが、実際は2割しかつかわれていなかったという事実。

 

消費税増税の歴史

増税日 消費税率 増税前  消費税率 増税後
1989年4月1日 0% 3%
1997年4月1日 3% 5%
2014年4月1日 5% 8%
2019年10月1日(予定) 8% 10%

 

消費税増税して政府は何につかうのか

前回の増税では社会保障費に全額充てられることになっていたが、フタを開けてみたら実際に使われたのは2割!

 

今回の増税分の使い道はどうだろうか。

 

これまでは医療や介護等の高齢者向けだったが、今回からは子育て向けの社会保障制度にするとしています。

 

今回新たに加わった使い道は以下の3点

 

待機児童(保育園)の解消・・・2020年度末までに待機する児童を32万人の受け入れる体制を整える
幼児教育・保育の無償化・・・3歳~5歳までの全ての子供たちの幼稚園や保育所の無償化、0歳~2歳までも所得の低い家庭は無償化する
高等教育の無償化・・・所得の低い家庭の子供は大学・専門学校の授業料を免除もしくは減額する
今回加わった子供への使い道はこれから日本を支えていく子供のためにと考えられた使い道ですね。

まとめると

  • 消費税増税は2019年10月1日から
  • 消費税はこれから日本を背負っていく子供たちに使うよ
  • 消費税を増税するとデフレになって不景気になるよ

今回は消費税率が10%に引き上げになるのはいつからか?という内容でお話ししました。

最新情報をチェックしよう!

Moneyの最新記事8件